栃木県診療放射線技師会とは

 

わたしたちは「わかりやすい技師会」を目指します.

会長より一言

 一般社団法人栃木県診療放射線技師会のホームページにアクセスいただき ありがとうございます。
 栃木県診療放射線技師会は昭和 24 年に栃木県放射線技師会とし て設立されてから、職能団体として診療放射線技師の資質向上や県民皆様の医療と保健の維持発展に寄与する活動をしてまいりました。診療放射線技師の多くは医療機関でX線撮影やCT 検査等の画像診断、放射性医薬品を用いた核医学検査 、放射線治療の業務、また放射線を使わない MRI検査や超音波検査など に従事しています。
 我々が携わる放射線診療における技術の進歩にはめざましいものがあり、常に最先端の医療技術や知識を習得する必要があります。そのために生涯教育として卒後教育講座などの研修会、講演会、学術研究発表会を開催し研鑽を重ねることで、検査の質の向上と安全な業務の遂行に努めております。このホームページを通じて県民の皆様に、本会の活動や医用放射線に関する情報を提供していきたいと思っておりますので、診療放射線技師の職業とあわせて少しでもご理解いただければ幸いです。
 今後も一般社団法人栃木県診療放射線技師会の活動に対し、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人 栃木県診療放射線技師会

会長 小黒 清

目的

 この法人は、診療放射線技師の職業倫理を高揚するとともに、医療放射線に関する技術及び知識の向上を図り、医療放射線の適正利用を推進し、もって医療と保健の維持発展に寄与することを目的とする。

事業

1)医療放射線技術及び放射線障害防止に関する調査,研究
2)診療放射線技師の資質の向上に関する事業
3)医療放射線技術を通じての地域医療及び保険予防事業への協力
4)行政機関との連絡調整及び協力
5)前各号の主旨を目的とした会誌等の発行
6)その他この法人の目的を達成するために必要な事業